貸してくれる消費者金融いんふぉ

お金を貸してくれる消費者金融をご希望ですね?

お金が必要になったという場合、たいていは金融機関からお金を借りることになるでしょう。家を建てる、車を購入するというような使用用途が決まっていて、しかも前もっていつ必要になるのかわかるというのであれば、近くの銀行等に住宅ローンやマイカーローンなどを申し込むのがベスト。
ですが、場合によっては大金ではなくても急にお金が必要になった、極端な場合、クレジットカードや公共料金の振替日など、今日中にお金を用意しなければいけない、という場合もあるでしょう。
住宅ローンやマイカーローンなどのような銀行ローンは審査に時間がかかり、使用目的も決められているので、そういったケースでは利用できません。そんな時には消費者金融から借りるという方法もあります。

 

消費者金融というと、今はテレビCMなどでもでていますので、知っている方は多いでしょう。
ただ、それとともにヤミ金やサラ金と同じと勘違いしている方も少なからずいます。そのため、法外な利息を請求される、返済が遅れたらヤクザが自宅や会社に乗りこんでくる、嫌がらせをする、なんてイメージを持っている方もいるようです。
ですが、ヤミ金やサラ金とは全く異なり、ほとんどが大手銀行の系列グループとなっているので、安心です。当然法外な金利を請求される事も取り立てもありません。

 

消費者金融から借りるメリットとして、やはり審査が早いという事です。申し込みをしてから審査結果が出るまで最短で30分程度ででることもあります。
そのため、今すぐお金が必要という場合にはとても便利です。しかも自動契約機で申し込みすれば家族にばれることもありませんし、土日祝日でも、夜でも申し込み可能で融資も出来ます。
そして消費者金融の中には無利息期間があるケースもあり、すぐに返済すれば元金の返済だけでOKという場合もあります。
ただ、法外な利息ではないものの、消費者金融は金利がやはり高めです。計画性をもって借りないと、やはりどんどん返済が難しくなるので注意しましょう。

 

無職でも年収が低くても消費者金融の審査に受かる方法

消費者金融というと、割と誰にでもお金を貸してくれそうな気がしますが、実はそうでもありません。
実際に審査を申し込んで審査落ちした人はそのことがよくわかっているのではないでしょうか。

 

審査に落ちる理由にはさまざまな理由があります。
年収が低い、無職である・・・この辺りがよくある審査落ちの理由ではないでしょうか。

 

こうした理由で審査に落ちている人は、本当に正直者のいい人だと思います。
これらの情報は、実は嘘の情報で申請をしてもほとんどバレないのです。

 

年収が低い場合、年収をかさ増しして申し込みをします。
収入証明書が必要な消費者金融の場合ごまかしが効かないこともありますが、最近では収入証明提出の必要がない消費者金融も存在しています。

 

収入証明書の提出が必要なく、即日審査をしてくれるところで、土曜日の朝に審査を申し込めば完ぺきです。
土曜日中に審査を完了させてしまえば、会社へ在籍・収入の確認を取るのが月曜日になってしまいます。

 

消費者金融はたくさんの人にお金を貸していますから、貸したお金がすぐに戻ってこないことはよくわかっています。そして、わざわざこのことを大きな問題にすることは避けたいと考えています。

 

なので、のちのち実際の年収がバレてしまったとしても「今後は貸し出しません。返済はきっちりしてください」で終わることがほとんどです。

 

無職に関しても同じです。
個人事業主を名乗ったり、適当な派遣会社に登録をしてその会社名を記入したりすれば無職問題はクリアです。

 

これらの方法を使う時の注意点は、とにかく借りた後の返済を滞らせないことです。
返済を滞納した時点で、調査されて足がついてしまうことがあります。

 

消費者金融側は「規定通りの返済をしてくれたらOK」と考えているところがほとんどです。お金を回収できれば何の問題もないのです。

 

また、これらの手段を使う場合は自己責任において行いましょう。

 

消費者金融とは

今や消費者金融という言葉を聞いたことがないという方は少ないでしょうが、消費者金融が実際にどのようなものであるのか、完璧に答えられる方は一般人ではあまりいないのではないでしょうか。
消費者金融とは、まさに消費者向けの金融機関ということであり、主に一般個人へのお金の貸し付けをおこなう金融機関です。

 

しかも銀行融資のように担保物件や保証人も不要でお金を借りられる金融商品です。
そのかわり、比較的金利は高く設定されることが多いようです。現在、テレビCMなどでおなじみのアコムやプロミス、モビットといった金融機関はすべて消費者金融に分類されます。

 

最近では「消費者金融からの借り入れで、過払い金が発生している場合があります」といった法律事務所のCMをよくみかけることが多くなりましたが、これは現在の消費者金融の金利の上限である利息制限法の金利と、かつて主流となっていた出資法の上限金利との間のグレーゾーン金利とよばれる金利で借り入れしていた場合、その支払わなくてもいいグレーゾーン金利分(過払い金)が戻ってくるというものです。

 

そのため高金利といわれる消費者金融ですが、実際は昔のようにかなり高い金利ではなくなってきています。

 

また、消費者金融はちょっとダークなイメージがまだ残っている方がいますが、土日祝日関わらず即日融資可能、無利息期間あり、繰上返済手数料がかからない、再キャッシングできるなど銀行融資にはないサービス、メリットがあるので、使い方次第では銀行融資よりも優れているところもあるのです。

 

誤解しないように、よく消費者金融について知っておく必要があります。

 

消費者金融の審査項目は

消費者金融から融資してもらう場合には、必ず審査があります。

 

審査結果がでるまでの時間が早いというのが消費者金融のメリットでもあるのですが、いくら審査が早いからといっていい加減に審査しているわけではありません。
いくつもの審査項目をクリアした場合のみ融資が受けられるのです。

 

消費者金融の審査項目としては、年収があります。融資である以上毎月決まった額を返済していかなければいけません。
そのためには返済していくための収入が必要です。しっかり返済できるかどうかを審査します。

 

いろいろな審査項目がありますが、ほとんどの審査項目の基準となるのが年収がいくらあるのか、という項目です。

 

基本的に年収は高いほどいいですが、それとともに安定した収入かどうかも大切です。
いくら今年収が高くても消費者金融側が必要なのは完済まで確実に十分な収入があるかという点ですので、安定収入がポイント。

 

そうなると職業も審査項目になります。そして最近はリストラや倒産などもおこりえますので、倒産しない会社であるか勤務先情報も大切ですし、雇用条件も審査項目になります。

 

そして、その年収からいくら返済に回せるか、というのも重要な審査項目です。そのためには家族構成、住まいの形態、他の借入金の有無などもチェックされます。

 

最後に、その人の信用情報が審査項目にあります。
これは、年収云々ではなく、しっかりと確実に返済する人間であるかという点です。

 

これまでにクレジットカードや借入金の返済遅れなどが多くある場合には、いくらほかの審査項目をクリアできても信用情報でダメになることもあるのです。
そうならないためには毎月しっかりと返済していきましょう。